Home » Report of communication theory is helped in university humanities by annaka
Report of communication theory is helped in university humanities annaka

Report of communication theory is helped in university humanities

annaka

Published June 10th 2015
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

大学で文系科目を選択されている方にとって、レポート課題は理系科目と異なった難しさがあります。正確な実験に重きを置く理系科目は、答えが限りなく等しいものであり、結果よりも過程を重要視することもあります。しかし、文系科目では「同じ答えでは駄目」・「独創的な視点」という風潮があります。また、概念的な人文学特有の考え方は、レポート課題に挑む手を止めることでしょう。本書籍は、人文学の必須テーマである「文化・言葉」に焦点を当てた解説本になっています。タイトルに「コミュニケーション論」More大学で文系科目を選択されている方にとって、レポート課題は理系科目と異なった難しさがあります。正確な実験に重きを置く理系科目は、答えが限りなく等しいものであり、結果よりも過程を重要視することもあります。しかし、文系科目では「同じ答えでは駄目」・「独創的な視点」という風潮があります。また、概念的な人文学特有の考え方は、レポート課題に挑む手を止めることでしょう。本書籍は、人文学の必須テーマである「文化・言葉」に焦点を当てた解説本になっています。タイトルに「コミュニケーション論」というカタカナを使用したのは、大学での科目を意識しました。文系科目は、とにかく学習領域が区分しづらい教科でもあります。少しでも興味がありましたら、お手に取って頂ければ幸いです。執筆した内容はバリバリレポートに活用してください。