Home » Bakeicho by Kyōka Izumi
Bakeicho Kyōka Izumi

Bakeicho

Kyōka Izumi

Published
ISBN :
Kindle Edition
36 pages
Enter the sum

 About the Book 

明治後期から昭和初期に活躍した小説家、泉鏡花の短編小説。初出は「文藝倶楽部」[1896(明治29)年]。家庭の事情から14歳で29歳の学校教師西岡と結婚したお貞。幼い子供も夫になつかず、お貞自身も彼に好意を持てないことを少年・芳之助に話す。やがて夫が肺疾で寝込み、献身に看病をするお貞にむかって「吾を殺せ」というのであった。かねてからの心の中を読まれたお貞は驚くが、言葉通りに夫を殺してしまう。